そもそもビットコインってなんだろう?

ビットコインは「仮想通貨」

最近、ビットコインが注目されていますが、そもそもビットコインとどのようなものなのかわからないという方が多いのではないでしょうか?
ビットコインとは「仮想通貨」や「暗号通貨」と呼ばれている、インターネット上でやりとりするお金です。「通貨」なのでドルや円のようにお金であることには変わりませんが、紙幣などのように形として存在しないインターネット上で使用される電子的な通貨です。
一般的な「電子マネー」と同じような印象を受けますが、明らかな違いがあります。電子マネーは企業単位で作られていて、主に企業内での使用に制限されます。そして原則的には譲渡したり払い戻しすることはできないため、換金性がありません。ビットコインは他者への譲渡ができます。そのため売却することができ換金することが可能です。

ビットコインの特徴は?

ビットコインには発行元がありません。国や金融機関、企業から独立し、通貨を管理する組織が存在しないことが最大の特徴です。通貨の流通を管理する組織がないかわりに、インターネットによるネットワークを使って、発行や取引の情報を管理する画期的な仕組みとなっています。また、発行量の上限が決まっているため、他の通貨のようにインフレを引き起こすこともありません。ビットコインは世界共通の通貨なので、銀行などの金融機関を通さずに無料、または格安で送金でき、海外との取引も通貨を変換しなくて済みます。
ビットコインは取引所のトラブルなど問題もありましたが、そのたびに対応策がとられシステムが強化されています。日本でも利用できる店舗や企業も増えてきています。